折込チラシに希少物件はある?建売新築一戸建て探し

折込チラシに希少物件はあるか 建売新築

皆さん不動産を探す場合どうやって探すでしょうか?だいたい「ネット」ですよね。
特に最近ではポータルサイトの「スーモ」「ホームズ」「アットホーム」あたりを見て家探しをする人がとても多いです。

でも昔はそんなのないのでみんな「紙のチラシ」に不動産物件を掲載し、それで探していました。今回は不動産物件の折込チラシ広告について解説していきたいと思います。

折込チラシに希少物件がある?「ない」

折込チラシに希少物件はある?建売新築一戸建て探し

折込チラシにしか載っていない物件があるというのを聞いたことはないでしょうか?

実際そんなことがあるのかというと、建売新築一戸建ての場合は「ない」です。
ネットに載せられないとんでもない事情があれば別ですが、今の時代、「ネット掲載無し」で売ろうとする建売の売主業者はいません。

建売新築一戸建てを探す場合はネットだけ見とけば十分でしょう。

売主が一般の人の場合「ある」

逆になぜこんな風に「チラシに希少物件がある」という話があるかというと、売主が一般の方の場合、つまり土地や中古一戸建てなどの場合、売主さんの「ネットには掲載しないでほしい」という要望でチラシのみの販売活動になることがあります

不特定多数の人に見られるのを嫌だという理由だったり、理由は様々です。

こういった一般の方が売主の場合は、売主さんの意向で販売方法も変わってきますので、チラシにしか載っていない物件があり、
「チラシには希少物件がある」という話になるのかと思います。

販売戦略としてはネットは不可欠

折込チラシに希少物件はある?建売新築一戸建て探し

しかし販売戦略としてはネットの掲載が不可欠です。
建売新築一戸建てのような売主さんが一般人ではなく業者の場合は、売主側もそこのところを重々承知しているので、すごい事情がない限りはネット掲載不可にはしません。

新築一戸建ての場合は業者はネット広告を確実にするので、
「チラシのみに掲載されている」ような希少物件は「ない」です。

ネットだけチラシは禁止もある

当然逆もあり(むしろ逆のほうが多く)ネットは掲載していいけど、チラシはやめてほしいという場合もあります
チラシは近所の方全員に「家売るんです」ということがバレてしまうので、それを嫌がっての場合が多いです。

売主が業者の場合は「カラーのチラシ以外禁止」というのがあります。
現地のおしゃれなイメージを守るため、二色刷りや一色刷りのいわゆる「輪転チラシ」での広告は不可にする戦略です。
そういうことしてる業者に限って、現場販売進まず後半になってすべて解禁にしますが・・・。

折込チラシに希少物件はあるか?:まとめ

建売新築一戸建ての場合、折込チラシに希少物件は「ない」
中古や土地など売主が一般人の場合は折込チラシに希少物件が「ある場合もある」。
結局販売活動はできることはすべてしたほうが良いので、チラシ禁止もネット禁止もしないほうがやっぱり売れる。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました