仲介手数料は値引きできる?不動産購入時の仲介手数料の値下げ交渉

追加でいくらかかる?建売新築一戸建てを購入した後に必要な追加工事費用:まとめ 仲介手数料

不動産を購入するときに諸費用の大部分を占めているのが「仲介手数料」です。この仲介手数料ですが、

「もっと安くならないのかな?」「値下げ交渉ってできるのかな?」

って思ったことはないでしょうか。ここではそんな不動産購入時における仲介手数料の値下げ交渉について解説していきたいと思います。

不動産購入時の仲介手数料は値下げできる。

不動産購入時の仲介手数料の値下げ交渉

結論から言うと、不動産購入時の仲介手数料は値下げ可能です。

仲介手数料は法律で「金額」が決まっており、売買される物件の金額により変わってきます。

ですが、法律で決まっているのは仲介手数料の「上限額」で絶対に支払わないとダメな金額ではありません。

不動産業者さえよければ、無料でも構いませんし、実際「仲介手数料無料」というような広告も見たことがあるとは思います。

仲介手数料は値引き交渉していいのか?

仲介手数料は値引き交渉していいのか?

仲介手数料は前述のとおり上限額が決まっているだけで値下げは可能なものです。ですが値段の交渉は気が引けるという方も多いと思います。実際値切っていいものなのというところも気になるところだと思ますが、

仲介手数料の値下げは法律違反でも失礼でもない

仲介手数料の値下げ交渉は法律違反でもなければ、特別失礼なことでもありません

不動産営業マンからすると、日常茶飯事なので特に気分を害されないかということも考える必要もないことと思ってください。

ただ現実問題として値引きできない状況はあるものです。そういったときはしっかり説明を聞いて納得できるか考えれば問題はありません。

仲介手数料を値引き交渉した場合に怒って対応してくる不動産営業マン、これのほうが失礼です。お客さんに言いたいことがあっても感情的になるのはよくありません。

最初から仲介手数料が少ない業者を探す

仲介手数料を値切るのがイヤならば、最初から仲介手数料を安くすると書いてあるような不動産業者を探すのもひとつの方法ではあります。

そういった仲介業者なら言いづらい「仲介手数料を安くしてくれませんか?」ということも言う必要はありません。

ただメリットの裏にはいつもデメリットが隠れているもので、こういった不動産業者をっ利用する場合には少し注意が必要です。詳細はこちらをご覧ください。

個人的には仲介手数料の少ない業者はおすすめではありません。普通の仲介業者に行って仲介手数料を値引き交渉する方が全体をみればお得に購入できる確率がかなり高いです。

でもどう交渉すればいいのかわからないという方のために、つぎは仲介手数料を値引き交渉するコツを紹介していきます。

仲介手数料を値引きするコツ

不動産購入時の仲介手数料の値下げ交渉

不動産業者も利益を出さないとダメですので、そう簡単には仲介手数料を値引きしてくれたりしません。ではどうすれば不動産業者は仲介手数料を値引きしてくれるのか、交渉のコツを紹介していきます

まずどういう取引か考えてみる

まず今回ご購入を検討している不動産を購入した場合、どのような取引になるのか考えてみてください。

不動産購入時の仲介手数料の値下げ交渉

両手仲介の場合は、不動産業者は仲介手数料は買主である自分のほかに売主からももらうことができるため。値引き交渉に応じてくれるかもしれません。

逆に片手仲介の場合は、不動産業者にとって買主である自分以外には仲介手数料をもらえる人はいません。この場合は仲介手数料を値引きしてくれる可能性は低くなります。

両手なのか片手なのかどうやって判断すればいいのでしょうか。

一番手っ取り早い方法は、物件を紹介してくれた不動産営業マンに聞いてみることです。でもなかなかそんなこと聞きづらい場合は、その物件のネット上の広告を確認してみて下さい。

紹介してくれた業者が1社だけ、もしくは紹介してくれた業者を含めて数社が広告をしていたら「両手取引」の可能性が高いでしょう。

逆に紹介してくれた業者ではない業者が1社だけもしくは複数社広告していると「片手取引」かもしれないと思いましょう。

両手取引は儲けが大きいので不動産業者は積極的にお金をかけて広告します。物件を紹介してくれた業者さんがその物件のネット広告をしているかが両手取引かどうかの判断材料になります。もちろん片手取引でも積極的にネット広告する場合もありますので、営業マンに聞くのが一番正確です。

仲介手数料の値引き交渉は、申し込み前に

どのような取引か相手の状況を理解したところで、次はいよいよ交渉しないといけません。仲介手数料の値引き交渉は、「言ってみる」以外の方法はありません。相手から持ち掛けられることはないでしょう。

ではいついうのかというと、購入の申し込みなどの前に行わないといけません。

よくある誤解が契約をする日に、仲介手数料の値引き交渉するというものですが、これは止めておいたほうが良いです。

ごく稀にですが、ハンコ押す直前にハンコを手に持ちながら交渉する人もいます。さすがにドラマの見過ぎです。

通常、契約の時には、仲介手数料・サービスなどを含めた諸条件すべて決まっている状態です。

購入の申し込みの時に言っていなかった「仲介手数料を安くしてほしい」という条件を、契約の時になって新たに足されると、売買に向けて整っていた諸条件がすべて崩れてしまうので、契約時に仲介手数料の値引き交渉を言われても受けられないのが普通です。

仲介手数料の値引きは購入の意思をもって

仲介手数料の値引きは「購入の意思をもって」行わないといけません。

相手の不動産業者に「この人買う気もあまりないのに言ってるわ」と思われてしまっては絶対にダメです。

不動産業者の体験談でいうと・・・
ほとんどの場合、「値引きしなくても購入するだろう」と思っています。ですが、もしかしたら買うの辞めるかも・・・という1割ぐらいの心配で仲介手数料を値引きしてくれます。

仲介手数料を値引きしなくても買うということが、バレてもそんなに影響はないので、交渉のしすぎで「買う気がないのかも」と思われることだけは避けましょう。

仲介手数料値引きできない場合もある

不動産購入時の仲介手数料の値下げ交渉

どんなに頑張って交渉しても値引きできな場合もあります。

片手仲介の場合(値引きできない状況)

仲介手数料の値引きができない場合として、先ほど説明した「片手仲介」などの状況が考えられます。

仲介業務にもいろいろコストはかかっていますし(案内や物件調査、広告宣伝費)不動産業者が一定の利益を確保しなければならないのも考えてあげないといけません。

大手不動産業者(値引きできない企業)

そもそもどんな取引においても仲介手数料の値引きを受けていない業者もあります。大手の仲介業者だとそういう会社も意外と多いです。

プレゼントやサービスを確認する

不動産購入時の仲介手数料の値下げ交渉

仲介手数料の値引きではなく、成約プレゼントや工事のサービスなどを行っている業者も多いです。

仲介手数料を値引き交渉するとこういったサービスが受けられなくなる場合もあるので、交渉をする場合はそこも気を付けないといけません。

仲介手数料の値引き交渉はできるか:まとめ

仲介手数料は、法律では上限額しか決められていないので値引き交渉はできる。

仲介手数料の値引き交渉のコツは、

  • 取引の状況をよく理解して
  • 購入の申し込み前に
  • 購入意思があることを明確にして

行うのが大切。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました