【購入申込ってなに?】購入の意思表示?建売新築一戸建て購入の日程

【購入申込ってなに?】購入の意思表示?建売新築一戸建て購入の日程 建売新築

建売新築一戸建てを購入する場合に、買いたい物件が決まったら一番最初にすることが購入の申し込みです。

今回はそんな建売住宅を購入する場合の「購入申込」について書いていきたいと思います。

【購入申込ってなに?】購入の意思表示?

【購入申込ってなに?】建売住宅を買う時の購入申し込みについて【キャンセルできる?】
建売住宅購入に関する「購入申込」についての解説動画

それでは具体的に購入申し込みをするにはどのようなことをするのかというと、購入申込書というものに名前を書いて、売り主に(仲介業者がいる場合は仲介業者を通して)提出するという作業になります。

購入申込書といったり、「買付申込書」「購入証明書」「買付証明書」といったり会社や地域によって呼び方が違います。

不動産の購入申込書

購入申込書に記名

購入したい物件が決まったら「購入申込書」に記名し売り主に提出してもらいます。自分が買う意思があるということを相手に示すという意味合いがあります。

契約場所・日時を決定

さらに実際に売買契約をする場所と日時を決めて記入します。

場所は不動産の契約は不動産業者の事務所などで行うことが推奨されている制度になっているの、建売住宅購入の場合は、売り主(メーカー)か仲介業者の事務所になります。お客さんの自宅ではできないというルールのメーカーが多いと思います。

日時は建売住宅の場合は1週間くらいの間のどこか、というような取り決めがある場合が多いです。「1か月先のこの日」「3か月先のこの日」というような長期間の取り置きになってしまうような日時は受けてくれない場合が多いでしょう。

価格など希望する契約条件を書く

価格などの希望する契約条件もこの時に書かないといけません。

価格を安くしてくれるなら買いたいというような、価格交渉希望の場合は、この購入申込の時点で交渉をしなければいけません

ときどき売買契約の日に契約書など説明を終え、いよいよ記名押印という時に、価格交渉を始めようという方がいますが、この時点では価格を変更したり条件を変更したりはできません。

価格交渉をしたい場合は購入申込の時にすべてしておくことが必要で、購入申込のときに伝えてある条件がすべてクリアできそうであれば、売り主もその条件での販売に同意してくれるという仕組みになっています。

価格交渉以外にもサービス工事などをしてほしい場合は購入申込のときに行っておく必要があります。

購入申込には申し込み証拠金が必要?

購入申込には申し込み証拠金が必要?

不動産を購入するときには手付金を支払うことが多いと思いますが、購入申込の時点でお金を支払う必要があるのでしょうか

答えは担当する仲介業者の方針や価格交渉など条件交渉の度合いによります。

一般的には全日本不動産協会さんのHPにも

購入申込時の申し込み証拠金について(不動産協会HPより)

購入申込時の申し込み証拠金について(不動産協会HPより)

というように書かれており、5万円から10万円ほどの申し込み証拠金を必要とする不動産業者が多いといわれています。

周辺の業者さんに聞いた印象では建売新築一戸建てを購入する場合には、購入申込時に申し込み証拠金をもらうという不動産業者は比較的少なく、価格交渉の幅が大きい場合のみお金を預かるという業者が多いようです。

建売の場合、競合が多く申し込みしても他社に物件横取りされたり、低価格帯のため住宅ローンが思うように通らないお客様も多いので、キャンセルになった後の返却作業が面倒なためあまり申込証拠金をもらわない業者が多いのかもしれません。

購入申込は撤回・キャンセルできる?

購入申込を撤回できるか

購入申込をするときに一番気になることといえばキャンセルできるのかということでしょう。

一般的にはキャンセルできる

一般的には購入申込は撤回できると考えられています。

申込証拠金を支払っている場合は、そのお金も全額返金してもらうことができると考えられています。

一般的には「購入申込には法的拘束力がない」と考えらています。ネット上を見ているとほとんどの解説ページでそう書かれています。

きっとネット上のほとんどのページは、制作者がほかのページみてほぼコピペ記事を書いているだけでしょうが・・・

購入申込の法的性質は明確ではない

しかし購入申込や申込証拠金についての法的性質は明確ではない、つまり法的拘束力がでたり、証拠金を返してもらえない場合があるんじゃないの?という考え方もあります。

不動産に限らず契約は、買う売る、貸す借りる、雇う雇われるなどの「双方の意思の合致」で成立します。ですので一般的には紙などで契約書を作らなくても双方が納得していれば口約束でも契約が成立します。

そういった考え方で購入申込を考えた場合、購入申込は「買います」という意思表示をしたことの証明になるため、あとは相手から「その条件で大丈夫。売ります」と意思表示をされてしまうと、撤回できない場合もあるのではないかと考えることもできるのです。

個人的には「売買契約してないから」というような理由で100%法的拘束力がないというのは法律上間違っているような気がしています。

とはいえ、購入申込段階では基本的にはキャンセル可能であるという風に普通は運用されていますし、弊社もそのように運用しています。

この件ではネットサーフィンしていろんな記事を見ましたが、「まだ登記もしてないので撤回できる」というような法律や不動産の知識があまりない方が書いている記事も見かけました。気を付けましょう。

申し込みをするときにしっかり確認すべき

上記に指摘したような法的な疑問もあるので、基本的にはキャンセルできるものではあるものの、購入申込をする場合は、キャンセルしないといけないようになった時にはどのような対応になるのか相手に確認しておくことが大切になります。

特に申込証拠金に関しては一層「法的な位置づけ」は明確ではなく、支払う側はキャンセル時に返還してもらえるものとして支払ったのにも関わらず、受け取る側は「解約手付」として受領したという法的位置づけをして返却してもらえないという場合もあるので、申し込み証拠金を支払う場合は特にキャンセルした場合にどうなるのかは確認しておくことが必要です。

撤回する可能性があるなら申し込みしない!

購入申込についてのアドバイス

最後に購入申込に関するアドバイスとして、申し込み証拠金を支払うにしろ、支払わないにしろ、撤回する可能性が少しでもあるなら購入申込をしてはいけません

売り主の信用を失う

購入申込の撤回は、あなたの信用を大いに落とします。特に建売住宅購入を考えている場合は、建売を建築している大手建売メーカーは数社に限られているため、ほかの物件を購入したいと思ったときに、以前申し込みを撤回したメーカーと同じメーカーであるという場合もよくあります。(同じグループ会社ということも考えるとより可能性は上がります)

一度購入申込を撤回した場合には、売り主側で「このお客さんの購入申込はあてにならない」「以前そういうことがあったので価格交渉には応じられない」など不利な対応をされる場合があります。

そういった事態にならないためにも少しでも撤回する可能性があるなら購入申込をしないというのが大切です。

【購入申込ってなに?】購入の意思表示?建売新築一戸建て購入の日程:まとめ

購入申込とは、物件が決まったらする「購入したい」という意思表示。

購入申込書に必要事項を書き、申込証拠金が必要になる場合もある。

購入申込は一般的にはキャンセルできると考えられており、支払った証拠金も返還されることが普通

しかし申し込み証拠金などの法的性質は必ずしも明確ではなく、申し込む前に確認することが大切。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました