パワービルダーってなに?建売住宅の安さの秘密

建売新築

建売新築一戸建てを検討していると時々出てくる言葉「パワービルダー」。おそらくその名を知らずに建売を買い住んでいる人もいるかと思います。

「パワービルダーって何?」

「筋肉ムキムキの人?」

今回はそんな建売新築一戸建てを作る「パワービルダー」について解説していきたいと思います。

パワービルダーとは。ボディビルダーとは違う。

パワービルダーってなに?建売住宅の安さの秘密

パワービルダーはざっくり言うと、建売住宅の売主さん・建築業者のことをいいます。具体的には

「パワービルダーとは、一般には住宅一次取得者層(初めての住宅購入者)をターゲットにした床面積30坪程度の土地付き一戸建住宅を2,000~3000万円程度の価格で年間1000戸以上を分譲する建売住宅業者を指している和製英語です。」

Wikipedia

ということです。

どうやらいろいろな方に話を聞くところによると飯田グループさんの数社が建売住宅をたくさん建築し販売していったことから、
「あいつらパワーあるな。」
「建てまくってるな」
「パワービルダーじゃね??」ってなって
それをマネする業者さんも地方に出てきて、
「ああいう感じの建売住宅建ててる業者はパワービルダーってことで・・・」
ということで「パワービルダー」って呼ばれているとかいないとか。

パワービルダーと聞くとマッチョ用語に聞こえてしまいますが、当然ボディビルダーとは全く関係がありません。

パワービルダーはなんといっても低価格

パワービルダーってなに?建売住宅の安さの秘密

パワービルダーはWikipediaにもあったように2000万円~3000万円くらいの家を建てるという(厳密に言うとWikipediaさんは安いとは定義してないけど)
低価格路線で販売しています。

ではなぜそんな低価格でできるか?

大量仕入れで仕入れコストの削減

安くできるのは大量に同じ部材を仕入れることで仕入れコストを下げているからです。不動産業界以外でも安く販売する業態はやっぱり「大量仕入れ」ですよね。

パワービルダーは大量に仕入れるために建物の仕様をできる限り統一しています。ですが、同じ家を建てすぎると建売っぽいと言われ、販売が奮わなくなるので、コスト削減と販売のバランスで苦心しながら建築しています。

徹底した施工管理

さらに施工管理も徹底されており、建築に書かかる時間を削減しています。
普通は新築一戸建てを建築する場合3か月間くらいは工事をしていると思いますが、パワービルダーの工期は2か月をきる場合が多いです。

早く建てられるということは、早く販売にかかれるということで、
早く資金が回収できれば、また新たな現場を建築することができます。

職人の飼い殺し

家を建てるときにコストとしてかかってくるのが、職人の人件費です。
こちらも大量仕入れの考え方と同じですが、
職人さんに大量の仕事を頼むことによって一軒のコストを下げています。

「安い金額での依頼は断られるんじゃない?」

と思われる方もいるかもしれませんが、
職人さんの多くが自営業で大工や左官をやっていることも多いため
仕事のない期間が大変だということを痛感している方ばかりです。

そんな方々に
「1年間ずーっと仕事あるよ。この金額やけど」
という提案。引き受けますよね。まさに飼い殺し。。。
恐るべしパワービルダー

パワービルダーってなに?建売住宅の安さの秘密:まとめ

パワービルダーとは、年間1000戸以上建売を建築販売する強力な建売メーカー

大量発注大量仕入れによるコスト削減と施工管理によって、建売住宅の低価格販売を実現する。

ボディビルダーとは関係ない。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました