【建売住宅の4つのメリット】建売新築を購入したほうが良い人とは?

イオン銀行の住宅ローンの審査 建売新築

建売新築一戸建てを検討しているときに、気になるのが、「本当に建売でいいのかな?」ということではないでしょうか。

今回はそんな建売新築一戸建てのメリットさらには、どんな人に建売が向いているのかについて解説していきたいと思います。

【建売住宅の4つのメリット】建売新築一戸建てを購入したほうが良い人とは?

建売新築一戸建てのメリット・建売に向いている人とは?

建売住宅のメリットは、

  1. 低価格での販売
  2. すでに建築されているのでわかりやすい
  3. 時間や手間がかかりにくい
  4. 土地と建物の同時引渡し

の4つです。やはり価格のメリットが一番でしょう。建売住宅を購入したほうが良い人としては、

  • 建物にそれほどこだわりのない人
  • お金がない人
  • 家を買うつもりもないけど生活が苦しい人

が挙げられます。意外と3つ目の生活が苦しい人というのにもおすすめで、建売住宅を購入を機に生活費が削減できて家計が安定したという事例もたくさんあります。

建物にこだわりを持っている人は建売には向いていないので注文住宅を購入すべきです。

建売住宅の代表的な4つのメリット

建売住宅の代表的な4つのメリット

建売住宅を購入する場合は4つの大きなメリットがあります。それでは一つずつ解説していきます。

建売のメリット①価格が安い

建売住宅は「新しく住宅を購入して住みたい、だけど予算はあまり多くない」という方に向いています。建売住宅は同じ仕様の家をいくつも建てることになることから、資材を大量に調達し、建築費用を安く抑えられるという特徴があります。

低価格での販売を可能にすることで、収入が少なく住宅ローンが通らないため、新築一戸建てを諦めていた層にも販売することが可能になっているので、住宅ローンが厳しいんじゃないかと思っている人にとっても建売住宅は検討していただきたい商品です。

注文住宅で同じグレードの家を建てるよりは大幅にコストダウンが実現できます。

建売のメリット②建物を事前に確認できる

建売住宅は(基本的には)すでに完成している住宅であるため、実物の建物を実際に見学に行くことができます

まだ完成していないような現場であっても近隣に同一の仕様で建築された物件があり、それを見学することによりイメージが付きますし、時には同じ間取の物件が建てられている現場もあるので、建売は建築中であっても完成した状態をイメージするのは簡単でしょう。

このように建売住宅は購入前に、見た目や間取り、内装を確認することが可能です。これは事前によく確認し、絶対に失敗したくないという方には最適です。

逆に注文住宅は自分好みのデザインを最初から組み立てていくことができる反面、見本と実物の違いに注意して検討する必要もあり、事前に完全な確認をすることはできません。

建売のメリット③時間や手間がかからない

建売新築一戸建てならば、契約から入居までの期間が短いというメリットがあります。
すでに出来上がっている住宅、あるいは建築計画がしっかり立てられている住宅を購入することになるので、できるだけ早めに引っ越しをしたいという方に向いているといえるでしょう。

家にそこまでこだわりはなく時間と手間は節約したいという方には建売新築一戸建てが最適です。

注文住宅はやはり 自分好みのデザインを最初から組み立てていくことができる反面、 間取を考え、色や、設備の仕様、それによって変更される予算を検討しなければいけません。

建売のメリット④土地と建物の同時引渡し

また、建売住宅にはさらに、土地と建物を同時に引き渡しをするのでローンの手続きがわかりやすく簡単という特徴があります。

建売住宅の場合は土地と建物を同時に引き渡しを受けるので、家賃の部分でも住宅ローンの支払いと被ることなくスムーズに引継ぎが可能です。

注文住宅であれば土地と住宅を別々で購入することが多く、建物の建築前に土地を引渡をうけます。土地が引き渡されるということは、土地の分の住宅ローンの支払いが始まる場合も多く、引っ越し前に住んでいる自宅の家賃の支払いと土地の支払いを、建築期間中は両方支払わないといけなくなります。

建売を購入したほうが良い人とは

建売を購入したほうが良い人とは

建売住宅には様々なメリットがありますが、それでも注文住宅と迷う方も多いと思います。注文住宅ではなく建売住宅を購入したほうが良い人は、「建物にこだわりの少ない人」か「お金がない人」です。

建物にそれほどこだわりのない人は「建売」

建物にそれほどこだわりのない人は建売住宅を購入したほうが良いでしょう。

建売住宅は既製品で注文住宅はオーダーメイドです。スーツでもなんでもオーダーメイドで作るとすごく高額になるように、住宅でも注文住宅にするとグレードがあがったわけではないのに高額になります。こだわりを持っていない人は注文住宅にしてもあまり意味はありません。

建売の完成現場を見に行って、どういった感想を持つかである程度自分がこだわりのある人なのかこだわりのない人なのか判断できます。

まあこれでいいじゃない?となれば「こだわりがない人」です。

●「ここのクロスの色を変えたい」「照明を増やしたい」「作りつけ棚をつけたい」となってもまだまだ「こだわりのない人」といえるでしょう。これくらいならば建売住宅を購入したほうが良いと言えます。

●「床暖房をつけたい」「増築して1階に一部屋増やしたい」「ここの壁を抜いて続き間にしたい」「キッチンを入れ替えたい」というような場合は「こだわりのある人」の可能性が出てきます。低価格帯の注文住宅のほうが良い可能性があります。

とにかくお金がない人は「建売」

こだわりはあるけど、お金がない人も建売住宅を購入したほうが良いでしょう。

建売の最大のメリットはなんといっても「低価格」です。住宅ローンの借入額がそれほど伸びない人はそもそも建売住宅しか選択肢がない場合もあるでしょう。

注文住宅購入を選択する人は「見栄を張りたい」だけです。あの人たちは見栄の為に数百万円から数千万円無駄遣いしている人だと心の中で思って建売を選んでください。

賃貸生活ですでに生活費が厳しい人は「建売」

「家を買いたくてもうちの稼ぎでは建売しか買えないわー」という人にも建売はおすすめですが、そもそも家を買う予定もつもりもない賃貸住宅生活だがすでに生活費が厳しいという人にも建売はおすすめです。

建売は低価格ですので、たいていの場合住居費の削減になります。今住んでいる賃貸よりも安い支払いで購入することができる場合も多いです。

さらに今持っている車のローンやカードローンなどを金融のプロである不動産営業マンや銀行員に見てもらうことによって、その部分の支払も見直すことができる場合があります。

賃貸生活で家買うどころではないと思っている方にも建売住宅購入は考えてほしい選択肢です。

さらに住宅ローンでマイホームを購入すると団信というものに入ります。団信はもし万が一亡くなったりすると住宅ローンを支払わなくていいというものです。賃貸と比べるとこういったところにもメリットがあります。

【建売住宅のメリット】建売新築一戸建てを購入したほうが良い人とは?:まとめ

時間やお金をかけて自分のこだわりの家を作っていきたい人は注文住宅。そこまでのこだわりがない人は建売住宅を検討し、低価格という建売最大のメリットを受けることができます

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました