仲介手数料は値引きできる?不動産売却時の仲介手数料の値下げ交渉

仲介手数料と不動産営業マンの給料・仲介手数料60万円払ったらいくら給料あるの? 仲介手数料

不動産を売却するときに、

「売れても代金から仲介手数料払わないとダメなのか・・・」
「値下げ交渉ってできるのかな?」

って思ったことはないでしょうか。ここではそんな不動産売却時における仲介手数料の値下げ交渉について解説していきたいと思います。

不動産売却時の仲介手数料は値下げできる。

仲介手数料は値引きできる?不動産売却時の仲介手数料の値下げ交渉

結論から言うと、不動産売却時の仲介手数料は値下げ可能です。

不動産購入の仲介手数料のページでも説明しましたが、、法律で決まっている仲介手数料は「上限額」で絶対に支払わないとダメな金額ではありません。

不動産業者さえよければ、無料でも構いませんし、実際「仲介手数料無料」というような広告も見たことがあるとは思います。

仲介手数料を値引きするコツ

仲介手数料は値引きできる?不動産売却時の仲介手数料の値下げ交渉

とはいっても不動産業者も利益を出さないとダメですので、そう簡単には仲介手数料を値引きしてくれたりしません。ではどうすれば不動産業者は仲介手数料を値引きしてくれるのか、交渉のコツを紹介していきます。

中小の不動産業者を狙う

売却時の仲介手数料を値下げ交渉をしたいのであれば、一番のコツというか大前提というか「大手の仲介業者」を避けるしかありません。

基本的に大手の名の知れた仲介業者は購入に関しても売却に関しても仲介手数料の値下げをそもそもしないところがほとんどです。

専属専任媒介契約にする

仲介をお願いする契約を「媒介契約」というんですが、その中でも「専属専任媒介契約」という契約にするというのがあります。

この「専属専任媒介契約」というものですが、簡単に言うと「他の業者には仲介を頼まない。」という約束で販売をお願いするというものです。

不動産業者にとっては、その物件が売れると確実に売主さんからは手数料がもらえるので、とてもいい条件です。

ですので、もしかしたら売却が成功した時の仲介手数料を安くしてくれるかもしれません。

他社の査定書を持ち込む

仲介手数料は物件価格によります。ですので他社での物件価格の査定が高ければその査定書なども持っていくといいかもしれません。

例えば600万円と査定され(仲介手数料は26.4万円)、700万円と査定された他社の査定書があれば、不動産さん業者からすると他社に依頼されるのを防ぐために値引き交渉にのってもらえるかもしれません。

仲介手数料値引きできない場合もある

不動産購入時の仲介手数料の値下げ交渉

どんなに頑張って交渉しても値引きできな場合もあります。

大手不動産業者(値引きできない企業)

そもそもどんな取引においても仲介手数料の値引きを受けていない業者もあります。大手の仲介業者だとそういう会社が多いです。

売却時の仲介手数料の交渉のデメリット

仲介手数料は値引きできる?不動産売却時の仲介手数料の値下げ交渉

不動産売却時の仲介手数料の交渉のデメリットは、仲介業者がやる気をなくして「物件がなかなか売れなくなる」場合があるということです。

売却の時の仲介手数料の値引き交渉はうまく売れるかどうかもよくわからない段階でしないといけません。

仲介手数料を値引きしてしまったことにより、営業マンがやる気をなくしたり、会社としても優先順位が下がるため、強力な広告をしてもらえなかったり、人員を割いてもらえなかったりします。

仲介手数料の値引き交渉はできるか:まとめ

不動産売却時の値引き交渉は可能。

だが購入の場合とは違ってデメリットも大きいので、慎重に行わないといけない。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました