住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は?

住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は? 住宅ローン

住宅ローンの審査はまず事前審査から始まります。この事前審査で自分が住宅ローンを借りられるか借りられないかが決まるわけですが、どんな書類を用意してい置いたらいいのかわからない方も多いかと思います。

今回はそんな住宅ローンの事前審査の時の必要書類について解説していきたいと思います。

住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は?

住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は?

住宅ローンの事前審査の時に必要な書類はあなたが「会社員」なのか「自営業」なのか「会社の社長」なのかによります。

【会社員】 の事前審査の必要書類

  • 源泉徴収票コピー 直近1年分
  • 運転免許証コピー(おもて・うら)
  • 健康保険証コピー(おもて・うら)
  • 認め印

【自営業】 の事前審査の必要書類

  • 確定申告書コピー 直近3期分
  • 運転免許証コピー (おもて・うら)
  • 健康保険証コピー (おもて・うら)
  • 認め印

確定申告書は付表も必要になります。申告が3期ない場合も借入希望額によっては審査が通る場合もあります。

【会社経営者】 の事前審査の必要書類

  • 会社決算書コピー 直近3期分
  • 源泉徴収票コピー 直近3期分
  • 運転免許証コピー(おもて・うら)
  • 健康保険証コピー(おもて・うら)
  • 認め印

会社決算書は財務諸表、付属明細などすべての資料が基本的に必要です。

住宅ローンの事前審査の書類はコピー可・認印可

住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は?

以上見ていただいた通り、住宅ローンの事前審査の書類は原本でなくても構いません。コピーでも可です。ただ本審査の時に原本を提出もしくは見せるように言われるので結局原本も用意しておく必要があります。

運転免許証や健康保険証は裏表コピーしてもらう必要があります。住所変更などしていなくて裏に何も記載していない場合でも必要になります。

事前審査の申込書に記入するので認印が必要です。実印でなくても大丈夫です。シャチハタは不可です。(押してしまえばシャチハタかそうでないかは判定不能ですが・・・)

会社員の方で、よくあるかどうかわからなくなっている方が多いのが源泉徴収票です。

住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は?

ちなみにこういう感じのものです。だいたい年末に会社からもらえるものです。無くしたり既にどこかに提出してしまってない場合は会社に依頼すれば再発行してもらえます

追加必要書類

住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は?

一般的には上記の書類で問題ありませんが、追加で書類が必要な場合もあります。

すでに何か別のローンを支払っている場合、例えば

  • 車のローン
  • クレジットカードの分割払い・リボ払い
  • 家具家電ローン
  • 消費者金融系のローン

などお持ちの場合は、借入の明細が必要な場合があります。少なくとも月々いくらの支払か、当初いくらの借入であと残額がどれだけ残っているかは把握しておかないといけません。

また資格をお持ちの場合は、その資格の資格証・認定証のコピーも追加で必要になる場合もあります。女性で看護師資格などをお持ちの方の場合にはよく必要になります。

住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は?

住宅ローンの事前審査のときに必要な書類は、普通は手元にあるもので可能。

事前審査はコピーで可だが、本人確認書類などは裏表のコピーが必要なことに注意が必要

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました