建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】 建売新築

建売新築一戸建てを購入検討しているときに「食洗器がない」と思う方もいると思います。

建売新築一戸建てには、ほとんどの場合食洗器がありません

今回はそんな建売住宅にビルトイン食洗器を付ける場合のオプション工事について解説していきたいと思います。

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】

ほとんどの建売新築一戸建てには食洗器はありません。飯田グループホールディングスの物件でも一建設・アーネストワンなど食洗器を標準でつけていないのが普通です。

ちなみに東栄住宅は食洗器がついています

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】東栄住宅さんの現場写真

多くの場合食洗器が付いていないので、オプションで付ける必要がありますが、つける場合は据え置きするかビルトインタイプにするかの2パターンになります。

すでに据え置きのを持っている方でなければ、ビルトインを選ぶ方の方が多いです。見た目もすっきりしますしね。

ビルトイン食洗器のオプション工事費用は機種にもよりますが20万円くらいです。詳しくはベランダサービスさんHPをご確認ください。

食洗器を付けるメリットとデメリット

食洗器を付けるメリットとデメリット

食洗器がそもそも必要かどうかということも考えてみましょう。

食洗器を付けるメリット

食洗器を付けるメリットは

  • あれば便利・すごく楽
  • 時短になる。
  • 最近の物は油汚れもスッキリな洗い上がり
  • グラスなどは手洗いよりきれいに洗える
  • 意外と水道光熱費も変わらない。
  • 熱いお湯や温風で洗い上げるので、殺菌効果もある。
  • 手荒れが軽減される

今まで使っていない方は結構「食洗器はいりません」とはっきりおっしゃいますが、使ってみると「もう食洗器無しは考えられない」という感じになる方も多いです。

食洗器を付けるデメリット

食洗器を付けるデメリットは

  • 購入価格が高い
  • 据置タイプはワークスペースが減り、ビルトインタイプは収納が減る
  • 予洗いが必要な場合や、洗えない食器がある
  • 結構時間がかかるし、多少うるさい

だいぶ前にあったような、結局手洗いしないといけないというようなことは最近の機種ではなくなってきましたが、高温にしてはいけない食器や大きな鍋などは結局手洗いすることになるということはあるでしょう。

建売には食洗器をつけにくいシステムキッチンがある

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】

建売新築一戸建てでよく使われているシステムキッチンに、「ファーストプラス」というメーカーがあります。昔あったミカドというシステムキッチンやシステムバスを扱っていたメーカーをその会社の経営難・民事再生を機に飯田グループホールディングスが傘下に加えた、飯田グループの建売で一番採用されているシステムキッチンメーカーです。

そのほかにもハウステックというメーカさんのシステムキッチンも多いですが、これらのキッチンに共通の食洗器を付ける際の注意点が、食洗器の幅(45㎝)にあわない場合が多いので、加工したりキャビネットを取り換える必要があり工事費が高くなるという点です。

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】

左のような幅の場合は、右の場合より食洗器の工事費が少し高くなるので、見学の時などにチェックしておくことをお勧めします。ちなみに左がアーネストワンの現場・右は一建設の現場です。

取り換えが必要な場合は、食洗器の見積もりに「キャビネット代」などとして書かれています。工事業者の話ではこの取り換えるキャビネット代がファーストプラスさんの場合はほかのメーカーより高いということもあるようです。

最近ではアーネストワンもキャビネットなどの取り換え不要な食洗器が設置しやすいシステムキッチンを採用しています。

ビルトインタイプと据え置きタイプの食洗器

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】

食洗器を付ける場合、据え置きにするのかビルトインにするのかの2択になってきます。

ビルトインタイプは、システムキッチンの中に納まるので見た目がすっきりしますし、作業スペースが減ることもありません。その代わりに収納スペースは少なくなり、工事費用も据え置きよりも高額になるというデメリットもあります。

据え置きタイプは、工事も簡単で分岐水洗の取り付けまで自分で行い工事費用を節約する方もいますし、収納スペースを保つことができます。その代わりに作業スペースは小さくなり、特にもともとキッチンがそんなに広いわけではない建売では物理的に設置が難しい場合もあります。

売主に食洗器を依頼するのはやめたほうが良い

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】

建売住宅を購入した場合に、売主や仲介業者にオプション工事を依頼する場合も多いと思いますが、売主に依頼すると商品を選べなかったり、通常より高めになる場合が多いです。

建売メーカーは様々なコストダウンで低価格の販売を実現しているのですが、そのせいかオプション工事で利益を出したいという意識の強いメーカーが多いです。ですので下請けの工事業者に回すだけにもかかわらず、高い中間マージンを取ろうとします。

あと建売メーカーの営業担当にとっては細部のオプションは詳しい分野ではありません。ですので下請けに回すにしても「ビルトイン食洗器でたくさんのメーカーの取り扱いがあって安く工事してくれる」ところがそもそも知り合いの下請けにいない場合もほとんどです。

建売の新築には食洗器がない。【ビルトイン食洗器のオプション工事】

建売新築一戸建てには食洗器がない。

ビルトイン食洗器を付ける場合は20万円ほどかかる。その建売に入っているシステムキッチンの幅によって工事費が変わるのでチェックしておくべき。

売主に食洗器のオプション工事を頼むと、ぼったくりの価格になる場合もあるので要注意

網戸がない?自分で取り付けできる?建売住宅「網戸」追加工事
建売新築一戸建てには網戸が標準でついていない場合が多いです。なんでついていないの?網戸って自分で取り付けできる?そんな建売新築一戸建ての網戸の自分で取り付けと追加工事について解説していきたいと思います。
シャッター・雨戸は必要?いくら?建売住宅の「シャッター」追加工事
建売新築一戸建てを購入した場合シャッター・雨戸が付いていない場合も多いです。そんな場合シャッターは必要?2階までつけないといけない?いくらかかる?今回はそんな建売新築一戸建てとシャッターについて解説していきたいと思います。
カーテンレールは自分で取付可能?建売新築一戸建ての「カーテンレール」追加工事
建売新築一戸建てにはカーテンレールはついていません。ですので追加工事つける必要があります。でもカーテンレールって自分で取付できそうですよね。今回はそんな建売新築一戸建てのカーテンレールについて解説したいと思います。
建売の新築一戸建てにベランダ・バルコニーに屋根をつける場合の追加工事
建売新築一戸建てにはベランダ屋根がついていません。洗濯物干した時の雨の心配などを考えるとベランダ屋根はほしいですよね。今回はそんな建売新築一戸建てのベランダ屋根追加工事について解説していきたいと思います。
株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました