奨学金は住宅ローン審査に影響は?奨学金は言わなくてもバレない?

奨学金は住宅ローン審査に影響は?奨学金は言わなくてもバレない? 住宅ローン

大学時代の学費を奨学金で借りて支払っていた場合に、マイホームを購入する時になってもまだ奨学金の支払が残っているという方も多いのではないでしょうか

今回はそんな奨学金と住宅ローンの審査について解説していきます。

奨学金は住宅ローン審査に影響は?奨学金は言わなくてもバレない?

奨学金は住宅ローン審査に影響は?奨学金は言わなくてもバレない?

結論から言うと奨学金も普通の借入と同じ扱いになるので、住宅ローン審査に影響します。住宅ローンの審査の合否にはあまり関係しませんが、奨学金の借入があった場合、借入可能額が少なくなります。

さらに奨学金は他の借入と違い住宅ローンの審査の時に言わなくてもバレない?という噂を聞いたこともある方もいるかもしれません。

これは実は本当で奨学金の貸し付けを行っている団体によっては個人信用情報に登録しないところもあり、言わなければバレない奨学金借入というものもあります。フラット35の審査時の日本学生支援機構さんの奨学金などは申告しなれば実質バレずに審査が進みます。

それでは具体的に解説していきます。

奨学金は住宅ローンの審査にどう影響する?

奨学金は住宅ローンの審査にどう影響する?

奨学金があれば具体的に住宅ローンの審査にどう影響するのでしょうか。

奨学金があれば住宅ローンの借入可能額が減る

奨学金の支払があれば住宅ローンの借入可能額が変わってきます。奨学金があるから審査が通らないということはありません。あくまで借入可能額が変わってくるということです。

具体的にはどれくらい変わるかというと、奨学金の残債の額ではなく月々の支払額がポイントです。例えば年収350万円の人が奨学金なしと月々1万円の奨学金返済をしているとを比べてみると、(返済比率30・審査金利2.675%で計算)

  • 奨学金1万円あり →  借入可能額2100万円
  • 奨学金なし    →  借入可能額2380万円

となり、280万円ほど奨学金の支払があるほうが審査が不利になります。

奨学金も通常の借入・延滞すると住宅ローンの審査は厳しくなる

奨学金も通常の借入と同じです。延滞には気を付けないといけません。奨学金の支払を延滞していると個人信用情報に記録が残り、それを金融機関がみて住宅ローンを通してくれなくなる場合があります。

奨学金は学生支援的な要素が強く、何かを買ったときの支払いよりも軽く考える人もいますが、普通の借入と何ら変わることはありません。延滞をすればその記録は残りますし、それが原因で融資を断られる場合もあります。

心当たりがある場合は、住宅ローンの審査の前に自分の個人信用情報を確認してみることをお勧めします。

住宅ローン審査に影響しない奨学金

住宅ローン審査に影響しない奨学金

住宅ローンの審査に影響しない場合というものもあります。これは奨学金を貸し付ける団体が学生の個人信用情報に借入情報を登録するかどうかや、住宅ローンを審査する金融機関がチェックする個人信用情報の種類などにもよります。

フラット35の審査時に申告しないとバレない奨学金

奨学金で一番多くの人が借りている機関と言えば「日本学生支援機構」だと思います。じつはこの日本学生支援機構さんの奨学金はフラット35の審査では借入していることが出てこないため、申告をしなければ実質バレないと言われています

日本学生支援機構さんの現在の運用でいくと延滞が3か月続いた場合のみ個信に記録を残しますが、奨学金を受けた借入時や、問題なく返済している間は個信に出てこないのでフラット35の審査は奨学金がないものとして審査してもらえるという状態になっています。

これも機構さんの運用方針によって変わってくるので、その都度不動産業者や金融機関の融資担当者と打ち合わせをしないといけないものではあります。

親名義の奨学金借入は住宅ローンに影響しない

奨学金の中には学生本人ではなく親の名義で借りている場合もあると思います。

この場合は、自分の住宅ローンの審査には全く影響しません。親が住宅ローンを組む時に申告しないといけない親の借入となります。

給付型の奨学金は住宅ローンの審査には影響しない

奨学金制度にはいろいろ種類があります。行っている機関によっても変わってきます。

通常の奨学金である貸付型のもののほかに給付型というタイプの奨学金もあります。

これは一定の条件を満たした学生に対して給付する返済不要のタイプです。多くの場合は貸付型で奨学金を借りていると思いますが、この給付型の場合は返済などはないので住宅ローンの審査には影響しません

奨学金の返済中でも住宅ローンを借りる方法

奨学金の返済中でも住宅ローンを借りる方法

マイホームを購入したいが奨学金の返済がまだ残っているという場合にも住宅ローンを借りる方法はあります。

  • 奨学金を支払いながら借入可能額の範囲内で住宅ローンを組む方法
  • 貯めていた自己資金で奨学金を完済する方法
  • 不動産業者に裏技を教えてもらう方法

の3つです。

奨学金の支払があったとしても十分な年収があれば、希望の物件を購入できるくらいまで借入ができる可能性はあります。どうしても届かない場合は、奨学金の完済時期まで待つか、自己資金を貯めていた場合はそのお金で奨学金を完済するというのも手でしょう。

自己資金もないし、どうしてもこの物件が買いたいけど奨学金の支払があるせいで住宅ローンの支払がそこまで伸びないという方は、不動産業者に裏技を教えてもらいましょう。

不動産業者の裏技はネット上では書けません。

奨学金の返済と頭金の積み立てはどちらが優先?

奨学金の返済と頭金の積み立てはどちらが優先?

近いうちに新築一戸建てをという風に考えている方は、頭金を貯金し始めているかもしれません。ですが、奨学金の支払もある場合は、奨学金の完済か、頭金の貯金かどちらを優先したほうが良いのでしょうか

結論から言うと、奨学金の完済を優先させた方が合理的だと思います。

現状住宅ローンの審査で「自己資金がないこと」が大きな不利益にはたらくことはほとんどなくなってきました。それに対して奨学金などの借入があることの住宅ローンの審査に対する影響の方が大きいと言えます。

さらに奨学金の種類にもよりますが、多くの人が利息がかかっている奨学金を借入していると思います。貯金して銀行の口座に入れておいてもお金はほとんど増えませんが、奨学金で借りていると利息の分だけお金は減ります。

これらの理由から頭金を貯金することより、奨学金の返済を優先させたほうが良いと言えるでしょう。

奨学金は住宅ローン審査に影響は?奨学金は言わなくてもバレない?:まとめ

奨学金の支払があると住宅ローンの審査時に借入可能額が少なくなるという形で影響する。

奨学金に借入も普通の借入と同じなので延滞などには十分に気を付ける必要がある。

住宅ローンの審査によっては奨学金の借入の事実自体が出てこない場合もあり、申告しなければバレない奨学金もある

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました