住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】 住宅ローン

住宅ローンは滞納すると、不動産が担保に入っているため、不動産を取り上げられてしまいます。そこまでは知っているという方も多いと思いますが、具体的にどういう流れで競売にかけられるのかは、あまりわからないと思います。

今回は住宅ローンを滞納した場合の競売にかけられるまでの流れを説明していきたいと思います。

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

結論から言うと、住宅ローンはだいたい6か月くらい滞納すると競売の手続きが始まります。意外と遅いと感じたかもしれませんがその間も督促状が届いたり、競売以外の催促が続き最終手段として競売となります。具体的には、

  1. 1か月~3か月・電話がかかってくる・督促状が届く
  2. 3か月~6か月・代位弁済通知書が届く
  3. 6か月~8か月・競売開始決定通知書が届く
  4. 8か月~10か月・裁判所の執行官が現況調査に来る
  5. 10か月~12か月・期間入札開始決定通知書が届く

という感じで進み、滞納し続けると多くの場合が1年と少しで家を出ていかないといけないようになります。

1か月~3か月・電話がかかってくる・督促状が届く

住宅ローンを滞納するとまず、電話がかかってきたりします。この辺りは口座への入金し忘れなどの可能性もあるので、金融機関の取り立ても全然厳しくありません。

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

多くの場合3か月連続で住宅ローンの延滞があると上記のような督促状が届きます。できればこの期間に銀行窓口に行くなりして現状を話し、相談に乗ってもらうのがベストです。支払い計画の見直しをしてくれる場合もあります。

3か月~6か月・代位弁済通知書が届く

さらに滞納を続けると「期限の利益を喪失」の通知・予告通知が届きます。

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

住宅ローンは借り入れをするが返済は毎月分割で支払うという支払いの期限があり、その間は毎月支払額以外は払わなくてもいいという「期限の利益」というものがあります。しかし滞納を続けるとこの期限の利益がなくなる、つまり一括返済を求められるということです。

その後、さらに滞納を続けると代位弁済通知というものが届きます。

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

これは住宅ローンの未払い部分について保証会社が銀行に支払いを行い、未払い部分に関してお客さんに請求する権利が銀行から保証会社にうつった、つまりこれからは保証会社が取り立てさせてもらいますよ、という通知です。

なぜここで金融機関が直接請求するのではなく保証会社にスイッチするかについてはこちらの記事も併せて読んでみてください。

6か月~8か月・競売開始決定通知書が届く

代位弁済通知書が届いてもさらに滞納し続けると、今度は裁判所から競売開始決定通知書が届きます。ここからが競売が始まるということになります。

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

保証会社が裁判所に申し立てて競売が始まったということをこの通知で知ることになります。この通知が届くと不動産は差し押さえを受けたということになりますので、勝手に売ってしまうこともできなくなります。

8か月~10か月・裁判所の執行官が現況調査に来る

さらに手続きが進むと現況調査命令という通知が届き、期日に裁判所の執行官と不動産鑑定士が自宅を訪れ、現況を調査します。

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

不動産を競売する場合、通常は物件の内部を見ることなく入札をしないといけません。ですので裁判所は、ヒアリングや写真撮影、間取りの確認、自宅前の道路などの周辺環境調査、近隣への聞き取りなどをし、状況を詳しく説明する現況調査書を作成し入札希望者の為に公表します。

当日留守にしても鍵の解錠員もいますので、裁判所の権限で勝手に入室してきますので、都合の悪い場合は連絡して日程を調整しないといけません。

10か月~12か月・期間入札開始決定通知書が届く

現況調査が終わると裁判所は現況調査書を作り、競売を開始します。競売の日程を通知する書面が届きます。

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

いつどこの裁判所で行われる競売に出されるかということがかかれています。この入札期間の間に購入希望者が入札し、最高額を付けたひとがその値段で購入することができます。

任意売却という方法もある

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

住宅ローンを滞納したくさんの通知書が届いても支払いは結局無理だし、もうどうにでもなれということで放置してしまう方もいると思いますが、競売は高値が付きづらく、競売が終わってからも債務が残ってしまうことも多いです。

そんな競売を避ける手段として任意売却というものもあります。任意売却とは弁護士や不動産業者が介入し、対象物件を市場で市場価格で販売し、住宅ローンを返済する方法で、競売手続きよりも高く販売することができたり、強制的に進むことがなかったり、様々なメリットがあります。

状況によっては競売でも別にいい場合もありますが、どこかのタイミングで任意売却についても検討すべきです。

住宅ローンは何か月滞納したら競売になるのか。【滞納から競売の流れ】

住宅ローンを滞納し続けると

  1. 1か月~3か月・電話がかかってくる・督促状が届く
  2. 3か月~6か月・代位弁済通知書が届く
  3. 6か月~8か月・競売開始決定通知書が届く
  4. 8か月~10か月・裁判所の執行官が現況調査に来る
  5. 10か月~12か月・期間入札開始決定通知書が届く

という流れで競売手続きが進み最短1年くらいで家を出ないといけなくなる。

放置することが一番危険で、金融機関と交渉したり、不動産業者に連絡し任意売却の手続きに入ったほうが良い。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました