建売住宅の寿命は20年から30年は嘘・注文住宅より寿命は短い?

建売住宅の寿命は20年から30年?注文住宅より寿命は短い? 建売新築

建売新築一戸建てを購入するときに気になるのが、自分が買う建物の寿命ではないでしょうか?

建売の寿命は20年から30年というのは本当?注文住宅のほうが長持ちする?

今回はそんな建売住宅の寿命について解説していきたいと思います。

建売住宅の寿命は20年から30年?注文住宅より寿命は短い?

建売住宅の寿命は20年から30年?注文住宅より寿命は短い?

結論から言うと建売住宅の寿命は20年から30年」といったものや「建売は注文よりも長持ちしない」ということを示す調査結果などはありません。特にそういった証拠もないので都市伝説的に語られているケースもあります。

建売だから注文だからということで寿命が変わるわけではありません。建物の耐久性の指標を参考にそれぞれの物件を比較することでしか寿命の比較はできません

それではどういったことを比較するのかを含めて詳しく見ていきましょう。

建売だから寿命が短いということはない

建売住宅の寿命は20年から30年?注文住宅より寿命は短い?

まだまだ結構多いのがやはり「建売住宅より注文住宅のほうが長持ちするから注文住宅が良い」というお客さんです。そういった方にヒアリングしていくと注文住宅を販売する不動産営業マンのセールストークとしてそういった話を聞いたというかたがほとんどです。

当然ですが建売と注文というのは、販売の方法の違いです。建物の耐久性の違いの区別ではそもそもありません。

建物の耐久性や寿命に関わってくる項目としては、使用する材料の品質施工の質そして最後にメンテナンスです。

建売住宅なのか注文住宅なのかで比較するのではなく個々の物件のそういった部分を比較していくしかないのです。

住宅性能で比較すべき項目

建売住宅の寿命は20年から30年?注文住宅より寿命は短い?

それでは具体的にどういったことを比較したらいいのかということになってきます。建売の場合は特にすでに建築などが終わっている場合も多く、建物の構造や内部を見るということも少ないですし、たとえ見たとしてもわからないという方も多いかと思います。

ですのでそんな方でも比較のしやすいものとしては、最近の建売は住宅性能評価制度というのを利用している場合が多いので、その住宅性能評価の耐久性に関する指標を比較してみてください

耐震性・耐震等級

まずわかりやすく耐久性を示す指標としてあるのが、耐震性・耐震等級と呼ばれるものですので、ここは比較しておくべきです。

注文住宅でも住宅性能評価を受けないメーカーもあるとは思いますが、「耐震等級3相当」など、とった場合はこれくらいです、というのを宣伝文句として使っていたり教えてくれる場合が多いのでそういったものも参考にしてみればいいと思います。

劣化対策等級

構造躯体に使用する材料の交換等大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸ばすために必要な対策をどの程度とっているかを三段階で評価し、等級3が一番いいとされています。

そういったものをまとめた指標・「長期優良住宅」

そういった耐震性や劣化対策・可変性の項目をまとめてそれぞれ一体の基準を満たしている場合に申請し認定されるものとして「長期優良住宅」というものがあります。

この長期優良住宅のページでも書きましたが、長期優良住宅の基準は満たしているが費用面を考えて認定を受けていないというメーカーは、注文住宅でも建売住宅でもいます。こういった場合は、長期優良住宅に該当するか審査する場合に住宅性能評価でクリアしないといけない等級の項目を、自分でチェックしてみるといいかもしれません。

このように建物の建築中に柱の太さを見てもなんのこっちゃわからない、という方には住宅性能評価の指標をチェックしてみるというのをお勧めします。

「建物の寿命」の意味もひとそれぞれ

建売住宅の寿命は20年から30年?注文住宅より寿命は短い?

この建物の寿命を検討する中で、結構話をややこしくしているのが、みなさんの建物の寿命に関する感覚が一定ではないということです。

建物の耐久性などには何の問題もないにもかかわらず、外壁や屋根材などの劣化に注目し「寿命」だと感じ早期に建て替えをされる方もいれば、建物の耐久性にあきらかに問題があるような住宅でも、住み続けたり、問題ないと判断し購入する人もいます。

早期に考える人にとっての建売の寿命は、「20年くらい」であってもおかしくはないと思います。ネットの情報などでも質問者と回答者の建物の寿命に関する考え方が別次元で噛み合ってなかったり誤解が生まれていたりするケースもよくあります。

ちなみに税務上の木造住宅の減価償却年数は20年か22年になっています。これが建売住宅を基準に決められたというのも都市伝説で嘘です。

建売住宅の寿命は20年から30年?注文住宅より寿命は短い?:まとめ

建売新築一戸建ての寿命は20年から30年・注文住宅よりも寿命は短いというのはどちらも根拠がない

建売であるか、注文であるかにかかわらず、個々の建物の耐久性を比較しないといけない。

柱の太さなどを見てもよくわからない一般の方のために、住宅性能評価制度や長期優良住宅認定制度などがあるので、そういった第3者機関の評価制度の指標を参考にしてみるのがおすすめ。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました