アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか アイディホーム

建売新築一戸建てを購入した方でも、その家が建築されているときから見学していたという方はほとんどいないと思います。

今回はそんな建売の中でも飯田グループホールディングスさんのアイディホームさんの建物の建築段階の写真などを紹介していきたいと思います。

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

アイディホームさんのリナージュシリーズのある現場(京都府南部)の建築中の写真です。アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

アイディホームさんが使っている柱の太さは105ミリ、いわゆる3.5寸の柱です。

よく120ミリの4寸の柱か、105ミリの3.5寸の柱かという話がありますが、建売では105ミリ・3.5寸の柱がよく使われています。

 

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

国産の集成材を使用・柱はすべて同じ太さ

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

使用している柱はすべて太さや種類が同じで国産の集成材を使っています。こちらの現場では中国木材株式会社さん製造の木材です。念のため呉市に本社を置く中国地方の「中国」です。

左側がJAS規格のシール。集成材の規格の認定などがおこなれています。

上から説明すると「同一等級構成集成材」とは同じ品質の木材を組み合わせて作った集成材ということで、その反対に外側に強い木を使って作る異等級構成集成材というのがあります。

「E65F255」はその材木のたわみや曲げに対する強度を表しています。太い柱を使う、例えば4寸の柱になるとこの数値は高くなります。ですが建売では現状ほとんどがこちらの3.5寸の柱を使っています

ホルムアルデヒド放散量F☆☆☆☆は一応最高等級です。有害物質の放散量の指標です。

基礎と土台をアンカーボルトでつなぐ

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

基礎と土台はアンカーボルトという金具でつながれています。一定間隔で土台の中央にしっかりと繋がれています。検討している現場で建築中にこういったものを見る機会があれば、端によっていないか確認してもいいかもしれません。

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

土台のJASシールはこんな感じです。柱や梁と製造業者さんが違います。

梁は輸入した無垢材を使用している

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

わかりにくいかもしれませんが屋根に向かって撮った写真です。中央の木材が「梁」です。柱が建てに立っている木材で、梁は横になっている木材のことです。

ドライ・ビームというのは商品名みたいです。中国木材さんのHPをご参照ください。木の種類はベイマツ。「米松」の名の通り北アメリカにたくさん生えている針葉樹で、輸入した無垢材を使用ています。

床下地の構造用合板

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか

床下地の構造用合板です。厚さは24mmです。

アイディホームの建売の柱の太さは?建売はどんな木材を使うのか:まとめ

建売新築一戸建てでは購入者ですら見ることも少ないが、建築中もできれば見ておきたい。

アイディホームさんのお家を検討している方で、すでに建築が終わっていて内部が見れない方の助けになればと思います。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました