基礎工事の時に雨が降って、プールになってる。【これ大丈夫?】

基礎工事の時に雨が降って、プールになってる。【これ大丈夫?】 建売新築

新築一戸建てを検討しているときに時々、建築中の現場で基礎が雨でプールのようになっている現場をみることがあると思います。

大丈夫?コンクリートの強度とかに影響しているんじゃない?

と考える人も多いと思います。今回はそんな基礎工事と雨について紹介していきます。

基礎工事の時に雨が降って、プールになってる。【これ大丈夫?】

基礎工事の時に雨が降って、プールになってる。【これ大丈夫?】

結論から言うと、基礎工事が終わった現場で雨が降りプールのようになっている、これは全然大丈夫な場合がほとんどです。

コンクリートは数時間で固まるため、固まった後にいくら雨が降っても、プールのように溜まってもコンクリートの強度には影響しません。

ただコンクリートを打設している作業中に雨が降っていた、大雨の中基礎工事をしているところを見た場合は、ヤバい物件という風に考えてもらえればと思います。

コンクリートが固まる仕組み

コンクリートが固まるのは「乾燥して固くなる」わけではありませんコンクリートの材料であるセメントと水の「水和反応」という化学反応で固くなります

ですので基礎工事でコンクリートがある程度固まった後に外部から雨が降って乾いていなくても化学反応は起きているので、問題なく硬化が進むのです。

雨が降って溜まって大丈夫?という一般の方が思われるようなことは、コンクリートが「乾いて固くなりそうなもの」と認識していることによります。

基礎工事にブルーシートをかけるのは雨対策ではない

基礎工事にブルーシートをかけるのは雨対策ではない

そんな中でも基礎工事の施工が終わったものにブルーシートを敷いて保護している現場というのも時々見ます。

やっぱり雨がかかったらダメだからシートをかけているんでしょ?やっぱりプールみたいになるとダメなんでしょ?と考える方も多いと思いますが、それも少し誤解があります。

実は基礎工事にブルーシートをかけて保護するのは「湿潤対策」のためにかけています。コンクリートは先ほど言ったようにセメントと水の化学反応で固まるので、暑い時期に施工すると水が蒸発してしまい化学反応がうまくいかないという場合もあります。

そのために基礎工事にブルーシートをかけ水分が逃げていくのを防いだり、散水して水分を補給したりして管理することが必要になるのです。

【雨が降っても大丈夫】基礎工事に影響のない雨

【雨が降っても大丈夫】基礎工事に影響のない雨

基礎工事と雨に関するものは検討中の方や現場近隣の方から「大丈夫なの?」というご連絡をいただきますが、たいていの場合は「大丈夫」です。

【基礎工事前の雨】雨が降っても大丈夫

基礎工事前に雨が降っていて工事中は雨が降っていないというのは、全然問題ありません。土工事などの汚れがとれてきれいな状態から基礎工事を始められていいかもしれません。

また土が乾燥しすぎているとコンクリートの水分が土に奪われてしまうために、土の状況によってはここで散水してから基礎工事に入る場合もあります。

【基礎工事数時間後の雨】雨が降っても大丈夫

コンクリートを打設して数時間後に雨が降り出しても基本的には問題ありません。直後に降ると雨により表面がまだらになったりしますが、2時間ほどたった後であれば、そういった問題も起きません。

【雨で基礎がプールになってる】これも大丈夫

雨で基礎工事をしたところがプールのような状態になっているのも全然大丈夫です

先ほど説明したようにコンクリートは乾燥して固まるわけではなく、水分とセメントの化学反応で固まります。ですので乾燥しているよりかは水分があるほうが強度の高いコンクリートができます。

ただ建物の工事を始める時には乾燥しておいた方がいいでしょう。水がたまったまま建物を作ると床下の湿気・カビなどの原因になります

【雨が降ってピンチ】基礎工事に影響のある雨

【雨が降ってピンチ】基礎工事に影響のある雨

逆に基礎工事中に影響のある雨というものもあります。大丈夫な事例をみれば残りが施工中の雨だということはわかると思いますが、まさにそれです。

コンクリート打設中に雨が降ってきた

コンクリート打設中に雨が降ってきた、とか雨天にもかかわらず基礎工事をしていたなんてところを見るとコンクリートの強度は弱くなっている可能性があります

コンクリートはセメントと水の化学反応で固くなると言いましたが、当然化学反応で固くなるには最適なセメントと水の量があります。

コンクリートというのはそういうものを計算してミキサー車で持ってきているので、施工中に雨が降り水分の方の量が多くなってしまうと強度が低いコンクリートができてしまう可能性があります。

少々の雨なら強度に大差はない

コンクリートは1㎥あたり水が150ℓ~200ℓ含まれています。結構な割合で水です。ですので、少々の雨であれば強度に差はないということで決行してしまう場合もあるようです。

ですがどこまでの雨ならやるのかというところは現場判断になるので、判断が難しいところではあります。

実際雨の中基礎工事をしている現場も何度か見たことはあります。正直わたしも決行・延期の判断はできないので不動産関係者でもちょっと今日やって大丈夫なのかな?と心配になるときがあります。

基礎工事の時に雨が降って、プールになってる。【これ大丈夫?】:まとめ

基礎工事の時に雨が降っても、結構な場合「大丈夫」

一般の方の心配の原因は「コンクリートは乾燥して固まる」という誤解から生まれる。むしろ乾燥しすぎの方がコンクリートの強度は下がる。

東栄住宅の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫?
飯田グループホールディングスのなかの一社、東栄住宅さんの建売住宅の基礎工事の状態を取材させていただきました。東栄住宅の建売住宅の「ブルーミングガーデンシリーズ」の基礎工事の幅は?鉄筋のピッチは太さは?そんなところまで紹介していきます。
一建設の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫?
一建設のリーブルガーデンシリーズの建売住宅の基礎工事現場にお邪魔して、一建設さんの建売の基礎工事がどんなものなのか調査してきました。一建設の物件を検討している方の参考になればと思います。
アイディホームの基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎は大丈夫?
新築住宅の基礎工事中をみたことがあるでしょうか?今回はアイディホームの建売住宅「リナージュシリーズ」の基礎工事中にお邪魔してどんな仕組みの基礎工事がされているのか取材させてもらいました。アイディホームの建売の基礎工事はどんなことをしているのか、検討の参考にしていただければと思います。
ファースト住建の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎は大丈夫?
今回は建売住宅の中でもファースト住建の基礎工事はどんなものということを紹介していきます。建売住宅はいろんなネット上で薄いだの手抜き工事だのいわれていますが、本当にそうなのかをファースト住建の基礎工事について見ていきたいと思います。
株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました