一建設の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫?

一建設の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫? 一建設

建売新築一戸建てを検討する時には既に建築が完了していることがほとんどです。基礎工事なんか見ることがないと思います。

今回はそんな建売新築一戸建ての中でも、飯田グループホールディングスの一建設さんの建売住宅「リーブルガーデンシリーズ」の建築現場にお邪魔して基礎工事について紹介していきます

一建設の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫?

一建設の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫?

一建設さんの建売住宅の建築現場(基礎工事中)です。

まず上記写真のように床一面にコンクリートが敷き詰められ、面で家の重みを支えるベタ基礎と言われるものになっています。

詳細に説明する前に結論をまとめると

  • コンクリートの幅は150mm(一般的)
  • 入っている鉄筋はD13のベース部分は200㎜ピッチ(一般的)
  • 管理などはしっかりしていて下請け任せ感は全くない。

という感じでした。写真も載せていますので詳しく見てみてください。

一建設さんのHPにも

一建設の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫?

一建設HPより

と紹介されています。

一建設の建売住宅の基礎の厚さは?

一建設の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫?

コンクリートの幅は15㎝です。ほとんどの住宅のコンクリート幅はこの15㎝で建てられています。建売住宅は12㎝で建てられているという記事も見ることがありますが、私はいまのところ12㎝のコンクリート幅の建築現場は見たことがありません。

建売住宅だからと言って一建設さんの基礎工事のコンクリートの幅が薄いということは全くないでしょう。

一建設の建売の基礎配筋の太さは?

一建設の建売の基礎配筋の幅は?

一建設さんの現場での基礎の中に入っている配筋の太さです。太さは13㎜です。

そもそも建物の基礎のコンクリートの中には配筋と呼ばれる金属の棒が網の目のように敷き詰められています。コンクリートが圧縮する力に強いのと鉄筋が引っ張る力に強いのを併せて強度を高めるというのが、いわゆる「鉄筋コンクリート」なのです。

一建設の建売の基礎配筋の間隔は?

一建設の建売の基礎配筋の幅は?

基礎の配筋を床部分に敷き詰めているタイミングを逃してしまいましたが、このような感じで施工されています。これは基礎の配筋の横の部分ですが間隔は300㎜で作られています。

一建設さんのHPによると

一建設の建売の基礎配筋の間隔は?

一建設HPより

ベース部分、つまり下の部分のピッチは200㎜で施工されているようです。

基礎と建物をつなぐアンカーボルト

基礎と建物をつなぐアンカーボルト

基礎と建物をつなぐためにアンカーボルトという(写真ではゴールドに見える金具)がつけられます。

だいたい60cm間隔つけられており、写真でもわかるとおり下の部分が曲がっているので、コンクリートで固めることによって抜けなくなります。この金具と建物の土台の木材をくっつけて基礎と建物をつなぎます。

一建設さんの基礎工事の管理監督はしっかりされている?

一建設さんの基礎工事の管理監督はしっかりされている?

今回の一建設さんの基礎工事の記事を書くために何度か建築中現場に行かせてもらってわかったことは、「建売の場合は施工の管理も下請け任せで管理されていない」というようなヤフー知恵袋の回答がだということ

担当現場の近くなので私も結構な頻度で現場に足を運びましたが、毎日のように一建設さんお工務の人がいます。下請け任せとは全く感じない仕事への熱量でした。

毎回現場で何をしていたのかは正直わたしにはわからなかったですが、きっと管理監督の仕事をしていたんだと思います。

一建設の基礎工事はどんなもの?建売住宅の基礎工事は本当に大丈夫?:まとめ

一建設さんの建売新築一戸建て「リーブルガーデンシリーズ」の基礎工事は

  • コンクリートの幅は150mm(一般的)
  • 入っている鉄筋はD13のベース部分200㎜ピッチ
  • 管理などはしっかりしていて下請け任せ感は全くない。

一般的な基礎工事が行われている。ネットにはひどく書き過ぎの嘘記事が異常に多い。

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました