【EVコンセント】アーネストワンの建売にある電気自動車用コンセント

【EVコンセント】アーネストワンの建売にある電気自動車用コンセント アーネストワン

建売住宅を購入すると室外用コンセントというものがあります。お庭でバーベキューをしたり、DIYをしたりするときの電源にするには便利な設備です。

最近では電気自動車専用のコンセントを付けている物件もあります。

【EVコンセント】アーネストワンの建売にある電気自動車用コンセント

EVコンセント・アーネストワンの建売住宅の設備

アーネストワンさんの建売住宅に時々ついているのがこのEVコンセントです。写真でもわかる通り東芝製のコンセントです。メーカーさんの公式HPはこちらをご参照ください。

家に帰ってきて充電して使う、というような携帯電話などの電子機器のような使い方を自動車にもする時代が来るのでしょうか。そういった最新の自動車の使い方に対応した住宅設備をアーネストワンの建売住宅は取り組んでいるのでしょうか。

確かにあのガソリンスタンド行ってガソリン入れる作業一体なんなんやろ?って感じる時ありますもんね。

使い始めるには追加工事が必要

アーネストワンの建売住宅についているEVコンセントを使い始めるには、そのままでは無理で追加で工事が必要です。

追加工事費用は30,000円(税別)なので税込み33,000円必要です。

アーネストワンさんの建売住宅にEVコンセントが付いている場合は、単にコンセントが設置されているだけで配電はまだされていません。

EVコンセントの配電図イメージ

先ほどの東芝さんのHPによると上記のような配電になるようで、このようなオプション工事を33,000円で施工してくれるということです。

盗電防止スイッチというのがある

上の図を見てもらったらわかるように室内に「盗電防止スイッチ」というのがあります。

確かに屋外に電源がある場合はそこにガチャっと差し込んで勝手に電気を使われるということも考えられるのでこういったものはもしかしたら必要かもしれないです。

EVコンセントではなく、普通の屋外コンセントにこそ欲しい機能ですね。EVコンセントの盗電って電気自動車を持ってないとできないから、ほとんどの人が盗電できないのでは?と思ってしまいます。

なぜアーネストワンの物件では配電されていない?

なぜアーネストワンの建売住宅で折角EVコンセントをつけているのに配電していないかというと、ほとんど電気自動車に乗っている人がいないからだと考えられます

電気自動車はまだまだ高額ですので、乗っている人自体も少ないですし、アーネストワンさんは低価格帯の住宅を販売するので、お客さん自体も低価格指向の強い方が多く、ちょっと電気自動車を購入している方とは客層が違います。

実際私もアーネストワンの建売住宅を購入されたお客さんの中で電気自動車を持っている方や検討している方は今のところいません。

あまり誰も使わないし利用できる状態にしていなくても問題ないので、追加工事をしないと利用できないようになっている、つまり標準工事を減らしてコストダウンしているということです。

じゃあその設備自体いらなくない?ということも言えますが・・・

普通の電源が欲しいという声もある

アーネストワンの建売住宅・屋外電源

アーネストワンの建売住宅の屋外電源は現場によっていろいろ違いがあり、今回紹介したEVコンセントと普通の屋外コンセントが並立してある現場もあります。

しかしEVコンセントのみという現場もあり、仕様なので仕方のない話ですが、「うちは電気自動車持ってないし、買うつもりもないから普通の屋外コンセントがよかった」という声をいただく場合もあります。

【EVコンセント】アーネストワンの建売にある電気自動車用コンセント:まとめ

アーネストワンの建売住宅には現場によっては電気自動車を充電することができる「EVコンセント」というものが付いている。

ただすぐに使える状態にしているわけではなく、使用開始には配電工事が必要で、税込み33,000円必要になる

株式会社おるすま・建売住宅を買うなら
タイトルとURLをコピーしました